鶴見厚子
   
exhibition
works
biography
contact


     
 


 

 
 

「夢の質感」の周辺

 私が「夢の質感」というシリーズで描き出したのは1983年のことである。
このシリーズは極めて奇妙な二つの体験に端を発している。
 
 或る朝のこと。私は夢の中で愛らしい金髪の少年と向き合ってオレンジジュースを飲んでいた。
「ねえダグラス・・・」と夢の中で私は少年に語りかけている。と、突然 眼が醒めて(夢だったな)と自覚した。
(しかし妙な夢だったな、・・・ダグラスという少年に心当たりはないし・・・)と考えながら当時勤めていたH中学校に向かった。
その朝の職員会で 校長が「先生方、今日は珍しく 外国からの転校生を迎えています。
ダグラス・ギルバートです」と紹介した。即座に総身に鳥肌が立ち、青ざめた自分を今も鮮明に記憶している。
これがひとつ目の体験である。

 二つ目は やはり夢の中の話から始まる。夢に亡くなった祖父が出現して、「立ち方に気をつけなさい」と言う。
又しても(何だか変な夢だった)と思い、釈然としないまま勤めを終え、夜 空手の稽古のため、道場に出かけた。
当時、私は中華街にある錬心舘という道場で空手を習っていたのだ。その日は"後ろ回し蹴り"の稽古をした。
何回かやっているうちにバランスを崩したらしく、ばたっと倒れて脚の指を骨折してしまった。
すぐに指導者格の先輩が飛んで来て「あーあ、立ち方に気をつけないからですよ」と言う。
私は痛みをこらえながら 早朝の夢の祖父の助言を思い出して再び強い衝撃を感じていた。

 これらの体験から夢は私の人生で特別な意味を持ち始めた。実生活上の問題を夢の暗示が解決に導いたこともある。
夢というものはどうやら切り離されたもうひとつの世界ではなく、誰もが夢と現実が混在する世界に生きているのだと考えることの方が自然である気がして来た。
別の言い方をするなら、夢は私たちの潜在意識の産物であり、現実は顕在意識の産物であると言うことができるだろう。
私はもう長いこと、ノートを枕元に置いて、朝 記憶している夢を書き留めるという作業を習慣としている。
しかしそれらのストーリーや光景を自分の絵に登場させたいとは思わないのである。
むしろ、「夢の質感」を描きたいと思う。夢の持つ普遍性に迫りたいと考える。
キャンバスに向かう時、私の意識は非常に清澄になっている。描くということは自分にとって瞑想のような行為に思える。
「夢の質感」というシリーズは 上述のような背景を持って描かれるものである。

 シュールレアリストや、童話作家とはまた少し違った視点から、この内宇宙の不思議さ、不気味さ、淫猥さなどに迫ることができればと考える。

I started painting the "A Touch of Dream" series following two enigmatic experiences I had. The first of these occurred in 1983, when I had a vivid dream in the early morning. I dreamt that I was sitting on a seat drinking a glass of orange juice, along with a handsome young blonde-headed boy. "See Douglas, " I said - and suddenly awoke, realizing that it was a dream.

This dream had left a strong impression and I wondered why I had dreamt it. I certainly did not know any boys named Douglas. Later that morning I went to the junior high school where I was teaching. That very morning, the principal announced to the teachers, "Everyone, today a rare event will take place: a new student , a foreigner, will start here. His name is Douglas Gilbert." I got goosebumps and went pale at once. That was the first experience.

The second went like this: my grandfather, who had passed away many years before, appeared before me in a dream, and said, "Watch your steps!" I did not know what he meant. Later that day, I went to a karate "dojyo"(hall) to practice. While I was practicing the "back kick", I slipped badly and fell over, fracturing a bone in my toe. Immediately the training master ran up to me, exclaiming "Watch your steps!" As with the first experience, I was shocked.

As a consequence of these experiences, I now believe that "dreaming" is imbued with meaning in my life. Admittedly, it is rare for a dream to actually produce a solution for any of my real -life problems. However, I do not believe that dreams are completely separate from our day-to-day existence, but rather, that everyone lives in a world in which realities and dreams are mixed. Expressing that thought another way, dreaming comes from one's subconscious and reality comes from the outer layer of one's consciousness.
I now make it a habit of keeping a notebook beside my pillow, and keeping a diary of my dreams in the morning. In my art I seek not to express the story of a dream, nor merely the scenes of a dream, but rather "A Touch of Dream". As an artist, I seek to capture the universality of dreamings.

When I actually sit down at a canvas to begin painting, I clear my mind. This attitude can be compared to meditation.
The works in the "A Touch of Dream" series all originate from this artistic process. And in this, my first solo exhibition in New York, I would like to show you some of these paintings.

Atsuko Tsurumi(with Graeme Messer)

 
Copyright © Atsuko Tsurumi All Rights Reserved.